大切なお知らせ

周南たちばな学園漢字検定の結果について

2022年12月1日 10時16分

周南たちばな学園漢字検定を受検された皆様へ

 大変お待たせしました。漢字検定協会から結果が届き、皆様に配付する準備が整いました。お手数ですが、周南中学校事務室まで取りにきていただきたいと思います。時間は8:15~16:45となっています。なお、周南中学校ではなく、受付場所(山名小・今井小・三川小)で受け取りたい方は、周南中まで、その旨を連絡ください。よろしくお願いします。来年度も、周南たちばな学園漢字検定に挑戦されることを心待ちにしております。ありがとうございました。

入学説明会(11/29)駐車場について

2022年11月29日 07時55分

 入学説明会の駐車場ですが、雨天のため本校グラウンドの状況が悪く、使用することができません。そこで、本日の駐車場はSBSマイホームセンターとなります。SBSマイホームセンターの敷地内に入っていただき、外回りに順にお車を停めてください。駐車スペースには限りがありますので、できる限り徒歩で来校してください。よろしくお願いします。

小学生対象部活動見学について(11/26 雨天の場合、サッカー部とテニス部は中止)

2022年11月25日 19時39分

11月26日(土)も小学生対象の部活動見学を予定していますが、予報では雨が予想されます。雨天の場合、屋外で活動するサッカー部とテニス部の見学は中止となります。屋内の活動については予定通り実施します。小学校を通じて配信しました予定表で確認ください。よろしくお願いします。

学校ブログ

自分たちの制服を考える!校内制服プロジェクト始動!!

2022年12月1日 16時41分

 自分たちの制服について考える「制服検討プロジェクト」が行われています。「防寒」「防犯」「人権」の視点から今の自分たちの制服はどうなのか、新しい制服にしていく意義は何なのかを話し合いました。そして、現状の制服の良さと課題、新しい制服になった場合の良さと課題を出し合いました。数年後に入学してくる周南中性のために真剣に考えています。このプロジェクトは今後も続いていきます。

IMG_3501IMG_3502

IMG_3503IMG_3504

IMG_3505IMG_3506

学級の良さを生かし、2学期を締めくくる!

2022年11月30日 12時57分

 先日の中央委員会で、クラスの良さを生かし、2学期後半の「責任」のステージで取り組みたいことをクラスごとに考え、その取組が始まっています。その取組の一部ですが紹介します。

元気がいっぱいなクラスの良さを生かし、階段のお踊り場に交替で立ってみんなに挨拶をし、メリハリある生活を目指す。

・声が大きいクラスなので、先取り挨拶に取り組む。

・話合いが得意なクラスの良さを生かして、1週間に1回は発表する。レクのカードの選択権を班対抗の挙手数で決める。

・男女の関わりを多く、仲がいいので、レクリエーションを行う。グループトークで最初の1分は隣と話す、残りの1分で班の交流を行う。

・元気、仲がいいことを生かして発表者を増やしていく。ただ個人で競い合うだけでなく、クラスの多い人どうしで競い合う。また、挨拶を学年や教室の中でいっぱいにしていく。

23

「ようこそ!周南中学校へ」入学説明会開催

2022年11月29日 17時08分

悪天候の中でしたが、4月からスムーズなスタートがきれるように入学説明会が行われました。主に中学校の生活・入学の準備・校則・部活動について説明を行いました。また、全学年の授業参観や部活動見学、生徒会役員からの発表もありました。中学校の様子を直接、見聞きしたことで、今までの不安な気持ちが小さくなり、入学後の期待が膨らんだのではないかと思います。4月での入学式、お待ちしています。

IMG_3492IMG_3491

IMG_3494IMG_3497

IMG_3499IMG_3500

ウクライナへ「自分たちにできることなら小さなことでも動く」

2022年11月28日 17時58分

 生徒会はウクライナで困っている人たちに何かできないかと考え、「ウクライナ募金」を企画・行動しました。生徒会の呼び掛けに応え、およそ44,000円集まりました。その集まったお金を国連UNHCR協会へ寄付し、昨日、感謝状が届きました。周南中生は、たとえ小さなことでも人のために自分たちができることを探し、見つけ、行動しています。総合的な学習の時間で学んだSDGsの考え方が生きています。

IMG_3489IMG_3490

情報モラルについて学ぶ「ネット上のいじめ」

2022年11月28日 17時38分

 本日は月1回の情報モラルの日です。今回は「ネット上のいじめ」について考えました。ネットだと相手のことを気にしないで書けたり、誰だか分からないから何でも書けたりします。話を盛ってしまうこともあります。しかし、気軽に書き込んだ一言で、書き込まれた方はものすごいショックを受けていることもあるります。これからネットとうまく付き合っていくためには、書き込まれた方の気持ちを考えていくとが大切であることを再確認できました。

IMG_3483IMG_3484

IMG_3479IMG_3486